不動産投資でよくある悩み

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資でよくある悩み

不動産投資でよくある悩み

不動産投資は決して順風満帆にいくわけではありません。実際に投資家の中には、いろいろな悩みを抱えながら家賃経営を進めている人も少なからずいます。まず不動産投資をするためには、物件を購入する必要があります。おそらくほとんどの人が自己資金だけで、投資用不動産を購入することは難しいでしょう。不動産投資ローンを使って購入する形になりますが、どの程度借りられるのか悩んでいる人は多いです。不動産投資ローンで借り入れできる金額は、その人の収入や資産状況、さらには投資対象の物件の内容・収益性も影響を受けます。住宅ローンの場合は返済能力が重視されますが、不動産投資ローンでは事業の採算性がより重視される傾向があります。

また不動産投資家の良く抱える悩みとして、収支がなかなか安定しないというものもあります。赤字経営を続けていくと、なかなか不動産投資ローンが減らない、最悪の場合物件を手放さざるを得なくなります。収支対策はいろいろとあります。まずは物件選びを慎重に進めることです。ただ単に外観や間取り、部屋の広さだけでなく、今後の修繕計画、空室率がどの程度か、築年数などを考慮して、収益が安定して出そうな物件を見つけることです。

不動産投資をする際、切っても切れない悩みとして空き部屋リスクがあります。空き部屋リスクを少しでも軽減したければ、マンション一棟に投資するのがおすすめです。区分所有となると、空き部屋になったら収益がガクッと下がる、一部屋のみであれば収益ゼロになります。マンション一棟であれば、少なくても全室空室になることはまずありえません。ですから収益の増減はあっても、まったく利益が上がらないということは考えにくいです。

不動産投資をしている人の中で、「物件価値の下落が起きたらどうしよう…」という悩みを抱えている方もしばしば見られます。日本の不動産査定の場合、築年数が経過すればするほど価格の下落は不可避でしょう。しかし日ごろのメンテナンスをしっかり行っていれば、大幅な下落を抑制することが可能です。プロの管理会社に不動産管理を委託する、こまめに修繕・メンテナンスを心がけるだけでも価値の下落ペースがだいぶ変わってきます。また部屋のリフォームやリノベーションを進めることで、入居者にとって魅力的な物件とする対策も有効です。不動産投資で少しでも悩まないようにするためには、事前のしっかりとした資産計画を立てることが大事です。不動産会社の営業マンに相談しながら、妥当な資金計画を検討しましょう。

不動産投資向けサービスの人気ランキング【※初心者でも安心】

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!

TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.