不動産投資で自己破産しないために

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資で自己破産しないために

不動産投資で自己破産しないために

不動産投資は家賃収入が毎月発生するので、コツコツ着実に資産を増やせるとよく言われています。しかし現実問題として、不動産投資に成功している人がいる一方で失敗してしまっている人も少なからず見られます。不動産投資ローンの中には、自己資金が不要・返済期間30年といった手軽に借り入れできるような商品も出てきています。このため、安易に不動産投資してしまって思うように収益の上がらないパターンも見られます。悪質なコンサルティング会社もあるようで、医者や外資系企業マンのような高所得者をカモにして、条件の悪い物件を買わせるというパターンも見受けられます。

もし不動産経営が行き詰って、不動産投資ローンの返済ができないといった状況になれば、最悪の場合自己破産せざるを得なくなります。自己破産といわれると、自分の持ち物すべて取られて債権者に還元しなければならないと思っている人もいるでしょう。しかし当面の生活に必要な現金や身の回りのものを取られることはありません。ただしマイホームやマイカーは資産価値があるものとして、債権者に処分しなければならないです。職業や結婚などにも支障をきたしませんが、自己破産はできる限り回避したいと思うはずです。

まず自己破産を回避するために必要なことは、ローンの返済計画の見直しです。もし不動産投資ローンの返済が厳しくなったら、借入先の金融機関に相談することです。そして融資条件の緩和について相談してみましょう。具体的には融資年数の期間延長や金利引き下げです。期間延長することで、月々の返済金額が少なくなるのでやりくりが楽になるでしょう。金融機関としてみても、債権が回収できなくなるよりはましと考えるケースも多く、交渉に応じてもらえる可能性はあります。特に信金や信組のような地域密着の営業スタイルの金融機関は、相手の相談を無慈悲に突っぱねると地域での評判が下がりかねません。そこでけっこう柔軟な対応をしてくれることが多いです。

また不動産投資ローンを利用する場合、頭金を入れることも自己破産回避のために必要なことです。頭金を入れれば、手元のキャッシュが減ります。手元に現金があると、どうしてもほかの物件などを購入したくなるのが人間の性です。また頭金を入れれば、購入価格よりも低い売却価格になったとしても、仲介手数料などの損失を抑制できます。冒頭に紹介したように、不動産投資ローンの中にはフルローンもあって魅力的に映るかもしれません。しかし自己破産回避するためには、むしろ頭金はきちんと入れておいた方がいいです。

豊富な仲介数が魅力!不動産査定サービス!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
イッカツ/不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.