不動産投資は営業電話がしつこい?

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資は営業電話がしつこい?

不動産投資は営業電話がしつこい?

不動産投資は胡散臭いなどあまりいいイメージを持っていない人もいるでしょう。その理由として、営業電話がしつこいからというものがあります。インターネットの体験談を見ても、「1日に何度も営業の電話がかかってきた」「相手が話をまくしたててくるのでこちらに話す隙を与えてくれない」などの意見がしばしば見られます。しかし不動産投資に関する営業電話について、一定のルールがあります。これは2011年に改正された宅地建物取引業法の改正で、契約の勧誘の際にいくつかの行為が禁じられています。

その中の一つに、相手方が契約を締結しないという意思を示したにもかかわらず勧誘を継続する行為というものがあります。こちらがはっきりと「断ります」「今はその必要がないので」などといっているのに「そんなこと言わずにこちらの話をもう少し聞いていただけませんか?」というのは違反です。もし営業電話に悩まされていて、そこと不動産投資のビジネスをするつもりがなければ、はっきり断ることが大事です。

普通の不動産会社であれば、はっきり断れば、それ以上営業電話をかけてくることはありません。しかし悪質な業者を中心として、それでもしつこく電話をかけてくる場合もあります。そのときには、国土交通省に免許行政庁という部局があります。こちらにどのような営業電話を受けたか、状況や様子を具体的に記述して対応をお願いしましょう。そうすれば、その問題の業者に対して指導などのしかるべき対応をしてくれるはずです。

さらに不動産会社の中には、スパムメールを使って営業をかけるというスタイルも出てきています。一度受信してしまうと、そのアドレスを受信拒否にしてもまた別のアドレスで送り付けられることもあります。相手が携帯電話のメールであれば、キャリアが迷惑メールの取り締まりを行っています。しかしこのようなメールの場合、大多数はパソコンを使っているのでこのキャリアの迷惑メール対策が機能しないことも多いです。

もしスパムメールによる営業に悩まされているのであれば、日本データ通信協会という一般財団法人で「迷惑メール相談センター」という窓口があります。電話もしくはメールにて相談できるようになっています。すぐにスパムメールが止まるわけではないですが、迷惑防止対策のために活用するといっているので一定の効果が期待できます。そのほかに自分で出来る対策としては、スパムメールが来たら自動的にごみ箱フォルダに移動するなどの対処をするといいでしょう。

豊富な仲介数が魅力!不動産査定サービス!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
イッカツ/不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.