不動産投資にリスクヘッジ方法はある?

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資にリスクヘッジ方法はある?

不動産投資にリスクヘッジ方法はある?

不動産投資は決して簡単に成功する投資法ではありません。しかし中には長年にわたって不動産経営をしていて、安定した収益を出している成功者も見られます。なぜ不動産投資で成功を収めたのか、そのような成功者を見てみると、リスクヘッジを万全に行っているという共通点があります。不動産投資の場合、基本的に中長期的な運用になりがちです。このような中長期的資産運用の場合、リスクヘッジは必須といっていいでしょう。

不動産投資を行うにあたって、全額自己資金で賄うといったことはなかなか難しいでしょう。そこで不動産投資ローンで金融機関から融資を受ける人は多くいます。この不動産投資ローンをどこにするかが重要な問題です。このときいきなり特定の金融機関に絞り込んでしまうのではなく、複数の候補を残して担当者とローンの相談をすれば、交渉を優位に進められます。レアケースではあるものの、優遇金利を提示してくれるケースもあるにはあります。

また不動産投資ローンを組むにあたって、固定金利と変動金利があります。変動金利の方が数字は低いので変動金利を選択するケースが多いです。しかし変動金利を選択すると、将来の金利上昇リスクを抱え込んでしまう形になります。日本は低金利状態が続いているので、これ以上利率が下がることはなくても上がる可能性は十分あります。このような環境の中には多少現時点では変動金利と比較して利率が高くても、将来にわたって金利の変わらない固定金利を選択したほうがいいのです。

不動産投資の中で無視できないのが空室リスクです。日本は今後、どんどん空室リスクの存在感が大きくなるでしょう。というのも日本では少子高齢化が進んでいるためです。これからは日本人の人口は当面減少傾向が続きます。ある推計によると、2100年には8300万人まで人口が減少するのではないかというシミュレーション結果も出ています。部屋を借りる人が、今よりも少なくなっていきます。その中で出来るだけ空き部屋リスクを少なくするためには、管理会社選びが重要です。管理会社の実績などをしっかり調査して、入居者を募集する能力に優れているかどうかなどをチェックしましょう。

そのほかには家賃滞納リスクも不動産経営をしていると付きまといます。滞納の判明した時点ですぐに対処する、クレジットカード払いによる支払いを認めるなど柔軟な対応をすることでリスクヘッジできます。このようにリスクをいかに減少できるか、そのための対策をしっかり講じることも不動産投資で成功するための秘訣といえます。

不動産投資向けサービスの人気ランキング【※初心者でも安心】

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!

TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.