不動産投資(現物)とREIT(リート)の違いは?

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資(現物)とREIT(リート)の違いは?

不動産投資(現物)とREIT(リート)の違いは?

不動産投資について紹介しているサイトが多いです。不動産投資を紹介するにあたって、比較対象とされることの多いのがREITです。両方とも不動産を投資対象にしている点では共通性があります。しかし不動産投資は、不動産そのものに対して投資を行います。しかしREITの場合、不動産に投資しているファンドを投資対象にしています。ですからREITの場合、間接的な不動産運用といえます。REITの場合、純粋に資産運用といえるでしょう。しかし不動産投資の場合運用の側面のほかに、賃貸経営する事業の一種という側面を持った違いがあります。

一般的な傾向として、手軽に資産運用したければREITの方がおすすめと紹介しているサイトが多いです。これは不動産投資をした場合、運営をするための管理が必要です。またメンテナンスコストや税金も負担しなければなりません。入居者がなかなか見つからない空き部屋リスクも抱えます。REITの場合、一種の投資信託のようなものです。自分が直接不動産経営にタッチするわけではないので、建物のマネジメントをあれこれ考える必要もないです。そうしてみると、背負うものの少ないREITの方が手軽に投資できるという理由も成り立つでしょう。

不動産投資の場合、レバレッジの利くところが大きな魅力といえます。不動産投資をする場合、どう少なく見積もっても数千万円・マンション一棟まるまる購入となると数億円かかるケースも珍しくありません。となれば普通自己資金ですべてを賄うのは非現実的です。不動産投資ローンを組んで購入することになるでしょう。すると少ない元手で大きな投資ができます。例えば500万円の自己資金しかなくても、不動産投資ローンを使えば5000万円の物件を購入することもできるかもしれません。こうなるとレバレッジは10倍です。REITでも信用取引によるレバレッジの活用はできなくはありません。しかしそれでも最高3倍程度です。不動産投資の場合、いかに大きなレバレッジをかけられるかお判りになるでしょう。

また最初に不動産投資をして家賃収入により、ある程度不動産投資ローンの返済が進んだとします。そこでまた融資を受けて別の物件をどんどん購入していくスタイルをとっている不動産投資家も見受けられます。このようなスタイルで運用すれば、元は数百万円の自己資金だったものが数棟の建物を所有することで数億円の資産を手に入れることも可能です。このような大きなレバレッジをかけられるのは、REITにはない不動産投資の魅力といえます。

不動産投資向けサービスの人気ランキング【※初心者でも安心】

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!

TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.