不動産投資に役立つ資格は?

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資に役立つ資格は?

不動産投資に役立つ資格は?

不動産投資をするにあたって、資格は絶対に必要というわけではありません。しかし不動産経営に関する専門知識を持つことは、たとえ管理会社に実際の運営を任せる場合でも損はありません。やはり自分の物件の運用状況を知るには、専門知識がどうしても必要です。もし不動産投資に関連する資格を取得したいと思うのであれば、以下の資格取得のための勉強を進めるといいでしょう。

まず不動産関係の資格として、持っていて損がないのは宅地建物取引士です。宅建という略称を聞いたことのある人もいるでしょう。不動産売買の取引をしたことのある人は契約締結する前に、重要事項説明という工程があったのを覚えていませんか?この重要事項の説明は、宅建の資格を持っている人しか行ってはならないと宅地建物取引業法にも明記されています。不動産取引の専門家を認定する資格ですから、不動産投資をするにあたって必要な資格といえます。

不動産投資をする場合、不動産実務検定もおすすめの資格です。一般財団法人日本不動産コミュニティーというところが主催している資格のことです。この資格は、不動産投資に直接関係してくる資格かもしれません。賃貸経営や取引実務、ライフプランニング、税務、建築など不動産経営をするにあたって幅広い知識を身に着けられます。不動産実務検定は2級と1級、マスターという3段階の資格が用意されています。難易度はそれほど高くはないので、不動産投資に関する初心者が本格的に勉強するのに適した資格といえます。

集合住宅の賃貸経営を検討しているのであれば、マンション管理士の資格を取得しておくといいでしょう。管理組合の運営や建物構造上の技術的な諸問題に関する指導やアドバイスを行える資格です。マンション管理の問題は時として深刻なトラブルになることも珍しくありません。問題解決するために、マンション管理士の資格は役立つことも十分あるでしょう。

一見すると不動産投資に関係ないような気もするかもしれませんが、ファイナンシャルプランナー技能検定も不動産経営する際に役立つ資格といえます。不動産投資するとなると、それなりのまとまったお金が必要になります。今後の資金計画をどうするか、ライフプランをどう描くかを検討するにあたって、ファイナンシャルプランナー技能検定の資格は役立ちます。ファイナンシャルプランナー技能検定ですが、2級資格があれば不動産経営をするためには十分といえます。

不動産投資向けサービスの人気ランキング【※初心者でも安心】

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!

TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.