マイナス金利下において不動産投資は有利?

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> マイナス金利下において不動産投資は有利?

マイナス金利下において不動産投資は有利?

2016年2月から日銀はマイナス金利をスタートしました。日本の金融機関はお金を日銀に預けると、これまで利子を受け取ることができました。これがマイナス金利になったことで、お金を日銀に預けるとお金を取られることになったのです。日銀にお金を預けてコストを支払うくらいであれば、融資などを積極的に実施してお金を増やしたほうがいいだろうと金融機関は思うでしょう。市場にお金がどんどん出回るようにして、デフレからインフレ経済に転換するための対策の一つとして、マイナス金利がスタートしました。このマイナス金利が当面続くようであれば、不動産投資もやりやすくなるのではないかとみられています。

不動産投資をするにあたって、ローンを組んで資金をねん出しようと思っている人は多いでしょう。マイナス金利になることで、金融機関は融資に積極的になるでしょう。このため、今後不動産投資ローンの金利が下がるのではないかとみられています。実際世界ではマイナス金利を先行している事例もあって、その中の一つにデンマークがありました。デンマークでは住宅ローンの融資に積極的で、借りると利息を支払うのではなく、逆に銀行から利息を受け取れる住宅ローンが販売されているほどです。日本でもここまでいく保証はないですが、住宅ローンや不動産投資ローンの金利が低下して、より借り入れ条件が有利になる可能性は十分あります。

マイナス金利といわれると、預金をしているとお金を銀行に取られてしまうのではないかと思っている人も少なくないようです。しかしこれは誤解で、あくまでも金融機関と日銀の間の資金のやり取りの中だけです。金融機関で店頭金利をマイナスにしているところはありません。ただしマイナス金利の状態が続くと、金利はさらに低くなる可能性があります。今でも預金をしてもほとんど利子はつかないものですが、それが今後ますますつかなくなりかねません。

預金をしても資産を増やせないのであれば、投資にお金を回した方がいいのではないかと思う人もますます増えてきます。もし投資に資金を回そうと思っているのであれば、不動産投資に回したいと思う人も出てくるでしょう。実際このような展開を見越して、マイナス金利が発表されてから銀行の株価が軒並み下落した一方、不動産関連の銘柄の株価が高騰しました。不動産投資をするためにはしっかり勉強して、その仕組みや専門用語を理解しておかないと失敗する危険性はあります。そのうえで不動産投資に挑戦すれば、チャンスは十分あるといえます。

豊富な仲介数が魅力!不動産査定サービス!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
イッカツ/不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.