不動産投資における融資額と年収の関係は?

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 不動産投資における融資額と年収の関係は?

不動産投資における融資額と年収の関係は?

投資用不動産を購入する場合、なかなか自己資金だけで賄うのは難しいでしょう。そこで不動産投資ローンと呼ばれる商品が出てきています。不動産投資ローンも他のローン商品と同様、審査が実施されます。不動産投資ローンの審査の中には、皆さんの属性も重視されます。つまりどのような仕事をしていて、年収がどのくらいか、自己資金がどの程度準備できるかです。最近ではノーローンといって、頭金ゼロの不動産投資ローンも見られます。しかし貯蓄がたくさんある人の方が審査は通りやすい傾向があります。そのほかに年収の多い人の方が、不動産投資ローンの融資は受けられやすいです。

似たように不動産を担保に融資を受ける住宅ローンの場合、年収の7倍が借り入れ可能な金額の目安といわれています。不動産投資ローンの場合、自分の年収の5倍が一つの目安とされています。自分の年収が600万円であれば、3000万円くらいが借り入れ可能な上限額と推測できます。ちなみに不動産投資ローンの審査を通過するためには、年収500万円程度はあった方がいいとされています。そのほかのデータだと、年収500万円で3割・700万円で5割・1000万円以上で8割の金融機関が融資の検討に応じてくれるという話もあります。そして1000万円以上の年収があると、年収の10〜20倍の融資も検討する金融機関も出てきます。年収が多ければ多い方が、不動産投資ローンの融資を受けやすいです。

一般の金融機関の審査傾向を見ると、年収500万円を切ってしまうと融資を受けるのは難しいです。では年収の低い人が不動産投資はできないかというと、そうでもありません。年収が低ければ、メガバンクなどは融資が厳しいでしょう。しかし例えば日本政策金融公庫の政府系の金融機関や商工中金に相談すれば、融資に柔軟に対応してくれる可能性はあります。また地域密着している信金や信組に相談する方法もあります。しかし信金・信組の場合、不動産投資系のローンを持たないところも多いです。その場合にはプロパー案件に申し込みをして、審査を受ける形になります。

ただし年収が低い人でも、ある程度の自己資金を準備しておいた方が望ましいです。1000〜2000万円のような区分所有をする場合でも、300万円程度の貯蓄などの自己資金は確保しておきたいところです。少なくても自己資金100万円はないと、賃貸経営においてしばしば発生する不測の事態に対応できなくなります。

不動産投資向けサービスの人気ランキング【※初心者でも安心】

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!

TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.