40代で不動産投資をスタートする際のポイント

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 40代で不動産投資をスタートする際のポイント

40代で不動産投資をスタートする際のポイント

40代になると会社勤めをしている人は、それなりのポジションで仕事をしているでしょう。給料もそれなりにもらっていて、貯蓄もある程度持っている人もいるでしょう。資産運用を始めて将来の資金計画を真剣に考える年代として、40代は不動産投資を始めるケースが多いのです。40代で不動産投資をする場合、区分所有ではなくマンション・アパート一棟購入がおすすめです。ある程度貯蓄があれば頭金として投入できる金額もあるでしょう。ですから、少し高額な物件でも購入可能です。マンション・アパート一棟購入は躊躇するというのであれば、複数の部屋の区分所有する不動産投資を検討しましょう。いずれにせよ、複数の部屋を保有して家賃経営をするのがポイントです。

区分所有の場合問題になるのが、家賃収入がオールオアナッシングになってしまう点です。つまり空き部屋リスクがどうしても高くなります。マンション・アパート一棟購入、もしくは複数の区分所有で運用すれば、どれかの部屋に入居者がいるでしょう。つまり家賃収入がゼロになることはまず考えにくいです。資産を増やしていきたいのであれば、一棟購入か複数の区分保有がおすすめです。

40代で不動産投資を始める場合でも、全額自己資金で賄うのは現実的ではないでしょう。不動産投資ローンからの融資を受けて買い求める形になるはずです。不動産投資ローンの融資を受ける場合、40代だと定年までの期間が20代や30代と比較して短くなってしまいます。年齢が上になってローンが残っているとよろしくないので、できるだけ短期借り入れを検討するかもしれません。しかし不動産経営をしていると当初想定していた家賃収入が挙げられない、想定外の出費を強いられることもあります。月々ぎりぎりの返済額にすると、滞納してしまう恐れもあります。ですから少し長めの借入期間に設定するのがポイントです。そしてもし資金的に余裕があれば、繰り上げ返済して返済期間を短くしていけば問題はありません。

老後の生活資金として、月15〜20万円は必要といわれています。家賃収入でこれだけの収益があれば、余裕のあるセカンドライフが送れるでしょう。40代で不動産投資を始めるのであれば、月々の不動産経営による利益が15〜20万円程度出るように運用しましょう。40代になるとすぐにでも不動産投資を始めたいと思う人もいるかもしれません。しかし慌てて投資しても失敗するリスクが高いので、まずは不動産経営についてしっかり勉強することです。

不動産投資向けサービスの人気ランキング【※初心者でも安心】

  サービス名 料金 サービス種類 オススメ度数 詳細
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 一括資料請求 ★★★★★ 詳細


 ⇒ 2位以降のサービス(ランキング)もチェックする!

TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.