30代で不動産投資をスタートする際のポイント

不動産投資TOP >> 基礎知識を押さえよう >> 30代で不動産投資をスタートする際のポイント

30代で不動産投資をスタートする際のポイント

30代になると老後のことなどもいろいろと不安になるかもしれません。もし将来のことを考えて資産運用を始めようと思っているのであれば、不動産投資も検討しましょう。まだ定年までに余裕がありますので、不動産投資を始めておけば老後の生活資金を十分確保できるでしょう。

30代で不動産投資を始めるのであれば、自分で勝手に判断するのではなく、不動産業界でキャリアを積んでいる専門家の助言を受けながら投資用不動産を探すことです。購入する前には不動産の専門家に相談して、現場見学する際にも同行してもらうことです。複数の目で物件を見ることで、自分で気が付かなかったポイントを相手が見てくれている可能性があります。専門家に相談することで、別途でコストのかかる可能性があります。しかしより効率的に資産運用するための初期投資くらいの気持ちでいましょう。ちなみにこの専門家ですが、不動産会社の人だとどうしても売り込みたいと思うので少しメリットを強調する傾向があります。中立の専門家の方が、公明正大で客観的に物件に関するアドバイスが受けられます。

30代で不動産投資するのであれば、まず一つ物件を購入して家賃経営します。そしてこの物件の収支状況が安定して、ローンの返済も順調に進んでいるのであれば、もう1つ物件を購入するのもいいでしょう。不動産投資ローンを滞りなく返済できていれば、信用もつくので次の物件を購入する際の資金をねん出してくれる可能性もあります。もし両方で家賃収入が順調に出れば、資産も効率的に増やせます。地域や建物タイプの異なる不動産を使って運用すれば、一方で利益が出なくてももう一方の利益で赤字分を賄える可能性があります。投資をする際には、リスク分散が基本であることも理解しましょう。

預貯金をコツコツ続けて資産運用する方法もありますが、30代で何千万円という資産をためることはまず難しいでしょう。低金利政策が長く続いているので、利子の受取額も数十円・数百円程度です。それなら不動産投資に資金を回すことも検討しましょう。投資は元本割れの可能性があるからと躊躇する人もいるかもしれません。しかし、もしインフレ状態になれば、金額は一緒でも預貯金は実質目減りしているのと一緒です。マイナス金利政策が進められている現在、インフレ局面になることはあっても、これ以上のデフレ局面に陥ることはありません。そのように考えると貯蓄ではなく、不動産投資などの資産運用を30代から始めてみませんか?

豊富な仲介数が魅力!不動産査定サービス!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
イッカツ/不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

基礎知識を押さえよう


Copyright (C) 2017 初心者向け不動産投資ガイド All Rights Reserved.